スタッフERIKAのブログ ブログブログ

スタッフERIKAのブログ
記事一覧

シャンパンの正しい開け方・飲み方

 

●シャンパンの正しい開け方・飲み方

 

中洲のキャバクラでのシャンパンに関するマナー

 

キャバクラではお祝いのときや

そうでない時でも

お客様からシャンパンを

オーダーしてもらえることがあります!

 

 

シャンパンのようなボトルのお酒は

基本的にボーイさんが

開封し注いでくれますが

シャンパンの正しい開け方と注ぎ方は

知識としてキャバ嬢の皆さんも

覚えておきましょう♪

 

 

●シャンパンの正しい開け方

 

 

 

コルクを抜くために

まずはコルクの周りについている

ワイヤーを外します!

 

 

ワイヤーを外すとコルクが

飛んでしまう恐れがあるため

コルクは親指で押さえておきましょう!

 

 

そしてボトルを斜めにした状態で

ゆっくりとボトルを回しながら

コルクを抜きます♪

 

 

●開けるときのコツ

 

①シャンパンをよく冷やしておく

 

シャンパンを開ける前には

ボトルが冷えているか確認しましょう!

冷えていないと開けたときに

泡が噴き出る恐れがあります(><)

 

 

②開ける前にボトルを振らない

 

どんな炭酸飲料でもそうですが

開ける前に振ってしまうと

泡が噴き出てしまいます!

 

 

シャンパンを開ける前は

振らないようにし

丁寧に扱うようにしましょう♪

 

 

③コルクではなくボトルを回す

 

シャンパンを開ける際

コルクを上にひっぱって抜くと

思われている方が多いですが

正しくはボトルの方をゆっくり回します!

 

 

ボトルを回しているだけで

少しずつ中の炭酸ガスの圧により

コルクが押し上げられます!

 

 

●開ける際に注意するポイント

 

①人に向けない

 

ボトルを開ける際

どんなに注意していても

コルクが飛んでしまう

こともあります(><)

 

 

人にけがを負わせてしまわないよう

安全な方向に向けてあけましょう♪

 

 

テーブルのグラスなどを

割ってしまわないようにも

注意してください!

 

 

②コルクを抜くときの音

 

シャンパンを開けるときの

ポン!という音は

場を盛り上げてくれます♪

 

 

なのでキャバクラでは

演出のひとつとして

シャンパンを開ける際

音を鳴らすことがありますが

これは実はマナー違反なんです!!

 

 

落ち着いた雰囲気のレストランなどでは

音を立てずにあけるのがマナーであり

場所や雰囲気に合わせて

マナーを守りましょう♪

 

 

●シャンパンの正しい注ぎ方

 

①2~3回に分けてそそぐ

 

炭酸が入っていると

どうしても注ぐ際に泡が立ってしまうので

泡が立ちすぎないようにするためです。

 

 

できるだけ静かに

グラスの縁にボトルの口を付けながら注ぐと

失敗は少ないですよ♡

 

 

②グラスの6分目が目安

 

シャンパンを注ぐときは

グラスの6分目くらいを

目安にしましょう♪

 

 

適温のシャンパンが飲めるように

注ぐのはすぐに飲みきれる量に

するのがポイント!

 

 

●飲むときのポイント

 

シャンパンを注いでもらう時は

シャンパングラスはテーブルに

置いたままにしておくのがマナー。

 

 

グラスに口紅がついたときは

さりげなく指先やナプキンで

拭き取ることもマナーですので

忘れずに(*^^*)

 

 

そして中洲でのお仕事中は

たくさんのシャンパンを飲むので

シャンパンの炭酸でお腹が膨れないよう

割り箸でかき混ぜて泡を抜いたり

アイスを入れて薄めて飲む女の子もいます。

 

 

しかしこれらもレストランでは

マナー違反になってしまいますので

気をつけましょう(><)

 

 

●まとめ

 

キャバ嬢さんたちは

シャンパンを飲みなれているかもしれませんが

キャバクラで当たり前にしていることでも

レストランではマナー違反になることも(><)

 

 

場所と雰囲気に合わせて

マナーを守るようにしましょう♪

知識として頭に入れておいてください^^

 

 

中洲 派遣会社Happiness(ハピネス)

ERIKA

記事一覧
ページ上部へスクロール
PAGETOP